読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく家計簿

親子4人(夫婦+子ども2人)世帯の家計をセキララ公開中。 インテリア&ファッション大好きでも節約はできる‼︎ お得情報も公開していきます!!

血液型不適合妊娠(不規則抗体・抗M抗体)

血液型不適合(不規則抗体)とは

 血液の中に「不規則抗体」があるかどうかを調べる。ABO型では血液の中に「規則抗体」という自然にできた抗体がある。A型は「抗B抗体」、B型は「抗A抗体」、O型は「抗A抗B抗体」があり、これらが規則抗体。AB型に規則抗体はない。
それ以外の血液型分類、たとえばRh式では多くは抗体がないが、なかには生まれつき、あるいは過去の輸血や妊娠によって抗体ができている人がいる。それが不規則抗体。ABO型の規則抗体以外の抗体を全部まとめて「不規則抗体」と呼ぶ。
とくにRh(-)の場合は、必ず不規則抗体の中の「抗D抗体」の有無を調べる。
不規則抗体があると、他人の血液を輸血する際、赤ちゃんの血液と反応して血球を壊すことが起こりうる。輸血したときに副作用が強く出たり、母体と赤ちゃんとの間に「血液型不適合」というトラブルが起こることがある。

 

妊娠初期血液検査 結果

 私の場合、個人産婦人科で妊娠初期の血液検査をしました。
その結果、不規則抗体の抗M抗体があることがわかりました。
 
 大学病院へ受診をすることになりました。

 

大学病院血液検査 結果

 大学病院では不規則抗体による血液型不適合妊娠を詳しく説明されましたが半分ぐらいしか理解できませんでした。
前回(第一子)妊娠時には 不規則抗体の検査には引っかからなかったので第一子出産時に抗体ができたのではないか。また、抗M抗体自体は特に珍しい抗体ではないので(この病院での)輸血も心配ないと言われました。
 
夫婦で血液検査をして、夫は不規則抗体なし。私は抗体値が4倍でした。
 

今後の治療方針

上記の検査結果の通り抗体値が低いので今の所問題はなし。
臨月でもう1度血液検査を行うことになりました。
定期的な妊婦検診は個人病院ですることになりました。
広告を非表示にする